降圧薬③/利尿薬①(チアジド系利尿薬)

薬剤師国家試験

問題

・サイアザイド系利尿薬のステムは(   )である。

・サイアザイド系利尿薬はネフロンの(   )に存在する(   )を阻害することで降圧作用を示す。

・チアジド系類似薬には(   )、(   )、(   )がある。

難)サイアザイド系利尿薬は血中から(  )に存在する有機アニオン輸送系を介して分泌され、( )側から薬効を発揮する。

難)サイアザイド系は尿中(  )排泄を低下させるため腎結石の予防にも使用されるが、一方で高(  )血症に注意する。

解答

・サイアザイド系利尿薬のステムは(〜チアジド)である。

・サイアザイド系利尿薬はネフロンの(遠位尿細管)に存在する(Na-Cl共輸送体)を阻害することで降圧作用を示す。

・チアジド系類似薬には(インダパミド)、(トリパミド)、(メフルシド)がある。

難)サイアザイド系利尿薬は血中から(近位尿細管)に存在する有機アニオン輸送体(OAT)を介して分泌され(管腔)側から薬効を発揮する。

難)サイアザイド系は尿中(Ca)排泄を低下させるため腎結石の予防にも使用されるが、一方で高(Ca)血症に注意する。

ポイント!

作用機序はよく問われるため、しっかりと抑えること!また、薬剤でも問われやすいため、薬効発現部位までの輸送経路もおさえておく!

(作用機序補足)

Naの血中への再吸収を抑制し、結果的に水の再吸収も抑制されることから利尿作用を有する。

代償的に集合管でのNaとKの交換が行われ、Kの排泄量も増加するため、低K血症には注意。

臨床現場では?

・高血圧治療における第一選択薬の1つである。

・とくに食塩感受性の浮腫を伴う高血圧には第一選択薬である。

・Caの体内動態を変化させることから、骨粗鬆症を併発している高血圧症患者へ積極的に利用されている。

・電解質異常の出現頻度が高いため、少量投与でスタートするケースが多い。(ループ利尿薬のその他の項参照)

代謝性アルカローシスの発現に注意する。(ループ利尿薬のその他の項参照)

コレスチラミン(脂質異常症治療薬)と併用で消化管内で複合体を形成し吸収が低下するため、併用時は2〜3時間空けて服用する。

・低K血症のリスクから、ジギタリス製剤との併用における不整脈に注意が必要

・OATの基質であるため、尿酸値の上昇に注意していく。(その他の項参照)

その他

OATと尿酸:サイアザイド系利尿薬やループ利尿薬は尿細管へ到達するためにOATを経由する必要がある。近位尿細管のOATは尿酸の排泄経路でもあるため、これらの薬剤は体内で尿酸と競合する形になる。その結果、血中尿酸値が高くなる。

・高Ca血症には十分注意が必要だが、実際に発症した場合、原発性副甲状腺機能亢進症を合併している可能性が高いため、副甲状腺種の有無を調べることが重要。

・低K血症は膵臓のランゲルハンス島β細胞からのインスリン分泌にも影響するため、高血糖(耐糖能異常)に注意。

出典

スマート薬歴GooCo
薬剤師の広がりと高度化をサポートするスマート薬歴GooCoが、薬剤師業務の広がりと高度化をサポートします。
第2章・各種利尿薬の特徴と投与法|腎臓病診療の最先端特集Vol.32|腎臓ネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました