就活って何から始めればいいの??③

就活関連

本当に自分が成し得たいことを実現するための手段は?

人の役に立って、感謝されて、お金をもらうための一つの手段として、一般的に、会社員や公務員など団体に属して、いわゆる「就職」して働く道を選びます。

一方で、就職だけが「働く」方法ではない。そこも誤解してはいけません。

アーティスト、芸能人、プロスポーツ選手などとして人々に勇気を与えていく方法もあります。

起業したりフリーランスとして新しい何かを提供していく道もあります。

また、卒業後の進路が「働く」ことだけではないことも忘れないでほしいです。

弁護士として働きたいなら司法試験の勉強を続けていく道もあります。

世界に羽ばたくために、留学するという選択肢もあります。

要は、安易に「就職」をするのも自分の人生を棒に振る可能性が出てくるわけです。

本当に「就職」という選択肢が自分の成し得ていきたい人生なのか?

どんな仕事をするにせよ「役に立って」「お金をもらう」のであれば、自分の本当に成し遂げたいことで実現したいですよね?

そこから考えることが就活の第一歩だと考えています。

自己分析の始めるにあたって

今まで述べてきたことを踏まえたうえで、まずは自己分析からスタートしましょう。

まず、自己分析を始める前にやるべきことが2つ!

  1. 自己分析をする自分なりの理由・目的
  2. 自分の将来の夢を見つめなおすこと

簡単でもいいので、自己分析をするうえでこの2つには回答できるようにしないといけない。

自己分析をする自分なりの理由・目的

就職活動だけではなく、何をするにも「なぜそれをするのか?」を考えることが大切です。

「目的意識をもっているかどうか」で得られるものは段違いに変わってきます。

「やった方が良い」からやるのではなく、

自己分析をした結果、どうなりたいのかを自分なりに確認しておくことが重要です。

当然、やってみないと分からないことは多くあるが、まず考えられる範囲で、自分なりのありたい姿については予め考えておきましょう!

自分の将来の夢

今の夢はなんですか??

本当にやりたいことはなんですか?

死ぬまでに実現したいことはなんですか?

時系列、難易度、想い、遊びなど何でもいいので列挙してみましょう。

結婚したい!総理大臣になりたい!オリンピックに出たい!バンジージャンプをしたい!世界一周したい!小説家になりたい!ノーベル賞がほしい!プロゲーマーになりたい!Youtuberとして活躍したい!○○さんのようになりたい!

なんでもいいです。自分の本音を知ることが大切です。

就職活動をしていくうちに、受ける会社に寄った「偽りの夢」を「自分の夢」と勘違いしそうになる。

そうならないためにも、就職活動を始める前に本当の将来の夢を列挙しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました