自己分析の進め方①

就職活動の記事を書いている中で何回も紹介している「絶対内定」ですが、ざっくりとどんな流れで自己分析をしていくのか、おおまかな流れだけを紹介いたします。

自己分析のおおまかな流れ

おおまかな流れとして、

過去⇒現在⇒未来の流れで実施していきます。

未来を描くために過去を分析するわけです。

強みや弱み、価値観、世界観などは全て過去の積み重ねでできています。

とくに、幼少期から成人するまでの家庭環境・友人・その他周囲との人間関係、そこから受け取った感性の積み重ねは将来の夢につながっていることが多いわけです。

過去に歩んできたストーリーからこれから実現していきたいストーリーを描いていく。

これが明確になることで、ブレない就職活動へとつながっていきます!

自己分析を実施することで

就活という観点

自己分析の中で、理想の自分/やりたい仕事が見えてきます。

業界・企業分析での軸が明確化していきます。

自己分析でのストーリーに沿った、一貫性のある自己PRや志望動機が作れてきます。

一貫性があるので、説得力があります。

自分のコアが明確なので、言葉に魂が宿り、面接でも面接官を圧倒できます。

結果として、自分の就職したい企業への内定を勝ち取れる確率がグンとあがるわけです。

人生という観点

自己分析をしていくと、否が応でも自分の「弱み」や「短所」が見えてきます。

その「弱点」が発生した根本と向き合い、心の底から自覚し、身に付けていくことで人間力が上がっていきます。

とくに、「英語力」や「成績」などの表面的なものだけではなく、「誠実さ」「行動力」などの内面的な部分が重要です。

そうやって人間的に磨きをかけていくと、就職活動だけでなく、普段の生活、周囲との人間関係にもいい影響を与えていきます。

結果的にいろいろなチャンスが自然と自分自身のもとへ舞い込んできます。

そして最終的に満足のいく人生が送れる可能性が高いのです!

自己分析をして悪いことなどひとつもないのです。

やって損はないです!自信を持ってこの本での自己分析を推薦します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました