降圧薬⑩(その他)

薬剤師国家試験

問題

・アリスキレンは(  )的に(  )を阻害することで、RAA系において、(   )から(   )への変換を阻害し、降圧作用を示す。

・ヒドララジンは(   )を( 収縮or弛緩 )させることで血管を拡張して血圧を下げる。

解答

・アリスキレンは(直接)的に(レニン)を阻害することで、RAA系において、(アンギオテンシノーゲン)から(アンギオテンシンI)への変換を阻害し、降圧作用を示す。

・ヒドララジンは(血管平滑筋)を(弛緩)させることで血管を拡張して血圧を下げる。

ポイント

現状あまり問われないため、作用機序や適応疾患を覚えておく程度でよい!

臨床現場では?

アリスキレン

  • ACEIARBを使用しにくい患者(副作用の観点等)で用いられることが多い。
  • ACEIARBと併用している糖尿病患者には禁忌(臨床試験で心血管系の副作用リスクが増大したため)

ヒドララジン

  • 即効性の高さから、高血圧緊急症に用いられる。
  • 20週以降の妊娠高血圧にも用いられる。
  • 副作用に劇症肝炎があるので、肝障害患者への投与は禁忌である。
  • 連用するとSLE(全身性エリテマトーデス)様の症状が出てくることがある。

その他

参考

https://www.jpnsh.jp/data/jsh2019/JSH2019_hp.pdf

直接的レニン阻害薬アリスキレン、その実力は
アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)以来10余年ぶりの新規機序の降圧薬である、直接的レニン阻害薬(DRI)のアリスキレン(商品名ラジレス)。上市から1年が経過して今年10月からは長期処方も可能となり、実臨床にも浸透しつつある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました