脂質異常症薬

薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬⑨(MTP阻害薬)

問題 ・MTPとは(   ) の略称である。 ・MTP阻害薬として、本邦では(   )が発売されている。  ・MTPは、肝細胞及び小腸細胞内で(  )とアポ( )タンパク質を会合させるタンパク質である。 ・ロピタ...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬⑧(PCSK9阻害薬)

問題 PCSK9阻害剤として、本邦では(   )が発売されている。 エボロクマブは、(ヒト・キメラ)型Ig( )抗体であり、 PCSK9の(  )受容体への結合を阻害することで、 (   )受容体の分解を抑制し、血中(  )...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬⑦(ニコチン酸誘導体)

問題 ニコチン酸誘導体として、本邦では(   ),(   ),(   )の3剤がある。 ニコチン酸誘導体は脂肪細胞の(   )受容体を刺激することで、脂肪細胞からの(   )の放出を抑制する。その結果、肝臓における(   ...
脂質異常症薬

脂質異常症治療薬⑥抗血栓剤①(n-3系多価不飽和脂肪酸)

問題 ・n-3系多価不飽和脂肪酸に分類される薬剤として、本邦では(  )と(  )が発売されている。 ・イコサペント酸エチルは(食直前・食直後)に 服用する。 ・肝臓において、(   )の転写を抑制し、TGの合成に関与...
脂質異常症薬

脂質異常症治療薬⑤(陰イオン交換樹脂(レジン))

問題 ・陰イオン交換樹脂として、本邦では(   )と(   )が発売されている。 ・腸管内で(   )に吸着し、(   ) の( 再吸収・排泄 )を妨げることで、肝臓のコレステロールからの胆汁酸合成を促進させる。 ・肝臓...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬④(コレステロール異化促進薬)

問題 コレステロール異化促進薬として、(   )が発売されている。 プロブコールは肝臓において、コレステロールから(  )への異化を促進し、排泄させることで血中のLDL値を低下させる。 プロブコールは肝臓において、コレス...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬③(小腸コレステロールトランスポーター阻害薬)

問題 ・小腸コレステロールトランスポーター阻害薬として本邦では(   )がある。 ・エゼチミブは小腸粘膜細胞の (   )を阻害することでと食事由来の(   )吸収を抑制する。 解答 ・小腸コレステロールトランスポ...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬②(フィブラート系)

問題 フィブラート系薬剤は主に高( LDL・TG )血症に用いられる薬剤である。 フィブラート系薬剤は(   )を刺激して、血管内皮細胞膜では、(  )の発現量を増加させることで、血中での(  )の分解を促進する。肝臓におい...
薬剤師国家試験

脂質異常症治療薬①(スタチン系)

問題 ・スタチン製剤は肝臓で(   )を( 競合・非競合 )的に阻害し、肝臓での(   )合成経路内の(   )生成を抑制する。 ・HMG-CoAからメバロン酸の生成過程はコレステロール合成経路の(   )段階である。 ...
タイトルとURLをコピーしました